流星観測

初めまして、39thの足立です。

2018年度の新歓で広報を務めています、ひょっとしたら今後もときどき天文プロジェクトのブログに登場するかもしれません。

よろしくお願いします。

さて、2か月も前のことですが天文プロジェクトで流星観測を行ったのでその様子を報告します。

え?なぜ2か月も前のことを報告するのかって?

本当はすぐ報告の記事を書くつもりだったんですよ、でも試験やら何やらで忙しくすっかり忘れていました…。

 

気を取り直して…。

2017年12月13日(水)に、天文プロジェクトで流星観測を行いました!

なぜ流星観測をしたかというと、ちょうどふたご座流星群が見ごろの時期だったからです。

2017年のふたご座流星群は月明かりがなく好条件でした。

 

学生会館の屋上を借りて観測をしたのですが、今回は電波観測に挑戦しました!

電波観測とは、その名の通り電波を使う観測です。

流星が流れると、流れたところで電波が反射されます。

この反射された電波を受信して流星の出現を観測するのが電波観測です。

写真は電波観測に使うアンテナを組み立てている様子です。

冬空のもと組み立てるのは寒くて大変でした…。

できあがりです!

30分間ほど設置しましたが、残念ながら電波の受信はありませんでした。

またあいにくの曇り空で流星を見られたのは数人だけでしたが、流星を探す以外に双眼鏡で星を眺めるなど楽しい観測でした。

ちなみに、僕は帰り道の途中で流星を2つ見ることができたので嬉しかったです(笑)

 

次に流星観測を行うときは、電波を受信できるといいなあと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。