2020年度新歓イベント・活動の予定

現在、新型コロナウイルス感染拡大に伴う早稲田大学・日本女子大学からの通達に従い、対面形式での活動は中止し、オンラインでの活動を行っています。

新歓活動についての詳細は新歓ページにて随時更新していくので、ぜひご覧ください。

 

【重要】2020年度入会受付開始!! →詳細は新歓ページをチェック!

 

オンライン班活動体験 実施中!! →次回は9/18(金) 20:00~ 天文勉強班
班体験の参加URLは新歓オープンチャットでのみ流しますのでご注意ください。

詳細は新歓ページをチェック!

最新の情報はTwiter、オープンチャット、公式LINEでも随時発信していきます。そちらもご確認ください。

天文Pro.公式LINE:

天文Pro.公式Twitter: https://twitter.com/wasa_tenmon_pro

VRプラネ班活動報告!

こんにちは、第4代VRプラネ班班長のたぐこと3年の田口です。

(合宿係でもあるので後日新歓合宿の紹介も書いていこうと思います。)

今回は久々の更新となりますが、新歓期でこのHPを見てくれている新入生に向けて、VRプラネがどんな班なのか、どんな人におすすめなのか、今後の活動内容予定などを書いていこうと思います!

VRプラネ班は新歓で大目玉として体験してもらっているだけあって、

VRがやってみたいからWASA天文に入りたい!という新入生がいてくれるだけで班長としてはこれ以上の喜びはないという想いです(笑)

(なにを隠そうぼく自身がVRやってみたい!!と思ってWASA天文に入ったくらいです笑)

・VRプラネ班(以下VR班)とは

VRのプラネタリウムをつくって、実際に体験ができる班です。

・VR班がおすすめな人!

-VRがやってみたい

-プログラミングを学びたい

-星空を眺めるのが好き

-ゲームが好き

-ゆるくサークルに参加したい

という人におすすめです!

現在28名という大多数が所属しており、女の子も多く所属しているので、男女関係なく大歓迎です!!!

・VR班の今後の予定

-新入生向けVRプラネタリウムの体験

-最新版のVRプラネタリウムの紹介

-開発環境の紹介

-ARアプリ開発体験

-自作ゲーム体験

-VR班への新入生加入

小難しそうなことも書いてありますが、VRプラネ班の目標は

楽しく開発をする!

なので、開発できない人も、ゲーム体験だったり、わいわい作業しながら先輩と話ができる時間でもあるので、大歓迎です!!!(重要です!(笑))

(ゲーム体験では、元相対論班班長の3年えーさんがつくってくれた、「鬼テトリス©」が体験できます!乞うご期待!(書けと言われました(・・;))

VRプラネ班への参加、お待ちしてます!!!

流星観測

初めまして、39thの足立です。

2018年度の新歓で広報を務めています、ひょっとしたら今後もときどき天文プロジェクトのブログに登場するかもしれません。

よろしくお願いします。

さて、2か月も前のことですが天文プロジェクトで流星観測を行ったのでその様子を報告します。

え?なぜ2か月も前のことを報告するのかって?

本当はすぐ報告の記事を書くつもりだったんですよ、でも試験やら何やらで忙しくすっかり忘れていました…。

 

気を取り直して…。

2017年12月13日(水)に、天文プロジェクトで流星観測を行いました!

なぜ流星観測をしたかというと、ちょうどふたご座流星群が見ごろの時期だったからです。

2017年のふたご座流星群は月明かりがなく好条件でした。

 

学生会館の屋上を借りて観測をしたのですが、今回は電波観測に挑戦しました!

電波観測とは、その名の通り電波を使う観測です。

流星が流れると、流れたところで電波が反射されます。

この反射された電波を受信して流星の出現を観測するのが電波観測です。

写真は電波観測に使うアンテナを組み立てている様子です。

冬空のもと組み立てるのは寒くて大変でした…。

できあがりです!

30分間ほど設置しましたが、残念ながら電波の受信はありませんでした。

またあいにくの曇り空で流星を見られたのは数人だけでしたが、流星を探す以外に双眼鏡で星を眺めるなど楽しい観測でした。

ちなみに、僕は帰り道の途中で流星を2つ見ることができたので嬉しかったです(笑)

 

次に流星観測を行うときは、電波を受信できるといいなあと思います。

C#自主ゼミ

こんにちは!こちらは現在VRプラネタリウム班の1年生が有志で行っているC#プログラミング自主ゼミの活動報告になります!

※C#自主ゼミ活動風景です

1.どうしてC#のゼミを?

VRプラネタリウム班では《楽しくゲーム開発》をモットーに活動しており、最終目標としてVRを用いて三次元つまり体的なプラネタリウムを体感できるゲームのプログラミングに挑戦します。

この際に必要になるプログラミング言語がC#なのです! (詳細はVRプラネタリウム班の紹介をご覧下さい 😀 )

そこで、C#を学び足固めをしたいと思い立って出来たのがこちらのゼミになります。

2.活動内容

現在ゼミ活動は週2回でゼミメンバー14人を分割し、その週でひとつのテーマを扱うという方針をとっています。

形式は発表者がPowerPointを用いてゼミの発表資料としてスライドを作成し、参加者はその発表を聞きながら自身のPCで実際に作業する形をとっています。

※C#自主ゼミ第1回スライド資料一部抜粋

3.最後にひとこと

ゼミメンバーの誰もがC#の初心者、プログラミングも初めての人が多い中での活動です。しかし皆新しい事への挑戦心ゲーム作りへの意欲を持って楽しく活動しています!

まだまだ道の途中ですが、応援よろしくお願いします! 😮 

 

回路班活動報告

班活動報告、色々な班にやってもらっていますが、

今回はピンホール式プラネタリウムの駆動部分の製作・制御を担当する、
回路班の紹介です!

 

中の人の操作ミスにより8月までの回路班の活動報告を一挙にしますm(__)m

すみませんm(__)m


回路班 活動報告(5/31、6/16)

 

みなさんこんにちは、回路班班長のくむらです。なんで平仮名かというと、漢字で玖村と書くと読んでもらえないことが多いからです笑。

 

新入生総会も終わって、天文プロジェクトでは各班の班体験が行われました。

回路班では、はんだごてやニッパ、ペンチなどの工具に慣れてもらうために、新入生のみなさんに二足歩行ロボットのキットを作ってもらいました!

 

2人1組とはいえ、授業時間で7時間必要なロボットを1時間で作ってもらおうという随分無茶な時間設定…。しかし、みなさん頑張って作業を進めてくれました!はんだづけも、初めての人や久しぶりの人が多かったですが、上手にできていました。最近はんだごてを握ってない僕も見習わなくては…。

作り終わったら、やることはただ一つ。バトルです!誰が一番強いかな?

 

2回の班体験活動の結果、ありがたいことに、新入生3人&現役生1人、計4人の班員が新しく増えました!他の班に比べるとこじんまりとしていますが、目白祭や理工展で上映されるプラネタリウムを支える班として、これからも頑張っていきます!

 

夏休みの活動では、動作不良を起こさずプラネタリウムが動くように修理することはもちろん、流星などの新機能の追加も行う予定です。よりよいプラネタリウムを目指して、楽しく活動したいと思います!

 

(8/11)

夏休み初回の活動では、主に新しく追加する流星投影機の設計&試作を行いました!

2つの半球を利用して流星を作るので、とりあえず2つの半球を黒く塗ってみることに。

さて、何を使って黒く塗るかですが、黒ペンやスプレー、絵の具など、いろいろ考えた結果、星図班が補修用に使っている黒いマニキュアを使うことに。いやぁ、真っ黒にするのって思った以上に難しかったです…。

次回以降は、プラネタリウム本体の改修の方も進めていけたらと思います!